愛を選択するってどういうこと

昨日書いた記事

ネガティブなパワーの方が強力」の続きでもあるのですが

私的には、昨日の記事は自分突っ込み満載。

解釈として同じパワーの使い方の問題なだけで、ただ人間として自我としてネガティブな方にパワーを使いやすいという人間のしくみがそこにある。ということなのですが


じゃ、自分のパワーを愛の方へ使うとはどういうことなのか?

「あるがまま」でいる。

言葉にすると、なんて簡単~~~~♪


あるがままをさせてくれないのが、自我であり、その観念や思い込み、思考形態なんですよね。

人間ってやつは~~~~って、その巧妙さにいつも感動すら覚えます。


ネガティブな方へパワーを使う背景には、

それじゃいけないから、こうでなければ、これが当たり前だ、という観念があり

それが自分の規律となって、守っていれば安心、安全、無事だと信じている。

苦しいことがあっても、このくらいはしかたない、安心・安全・無事のためにはしょうがないのよ。なんて一生懸命自分に言い訳をして、その規律を守り通している。


「あるがまま」はすべてがそれでOK。という視点

物事は起こるまま、すべて受け入れていく。

自分も他の人も、このままでOK。

それが無理なく受け入れるのには、観念に気づいていくことなんですよね。

それが自分の恐れの元だから。


そんなことを11月1日のお話し会でやりたいと思います。

11月1日みろりんお放し会「人間のしくみ~あるがまま~」

シングみどりさんちのmidoricoサロンにて。

11時~14時 2500円(チャイ付)

差し入れ大歓迎!!

Light Heart みやざきみどり

真の自立と新しい協調と共生へ ふわり意識改革

0コメント

  • 1000 / 1000